コラム | 兵庫県加古川市尾上町 浜の宮駅【有限会社大濱】

コラム

乾物と干物の違いとは?

2022.07.15


乾物と干物は見た目が似ていることから、同じものと認識している方も多いのではないでしょうか。
しかし、乾物と干物には大きな違いがあるのです。
そこで今回は、乾物と干物の違いについて解説していきます。

▼乾物と干物の違い

乾物とは
乾物とは、海藻類や果物・野菜などの水分を抜いて乾燥させたもののことを言います。
たとえば、切り干し大根や干し椎茸・かつお節・かんぴょう・昆布・海苔・煮干しなどが乾物として有名です。
完全に水分が抜かれているので長持ちし、常温でも保存できるのが特徴です。

干物とは
干物とは、魚介類を干して乾燥させたもののことを言います。
魚介類といっても、煮干しやいりこは干物に含まれません。
なぜなら、煮るという加工が施されているからです。
乾物は加工して水分を抜いたもの、干物は生の魚介類を干したものと区別することができます。

▼乾物・干物のメリット
乾物や干物は水分が抜いてあるので、生の食材よりも日持ちします。
そのため、使いきる前に腐ってしまうということもありません。
また、乾燥させることで旨味が凝縮し、栄養も豊富です。
さまざまな料理に使うことができ、料理の幅もグッと広がるはずです。

▼まとめ
乾物とは、海藻類や果物・野菜などの水分を抜いて乾燥させたもののことを言います。
一方干物とは、魚介類を干して乾燥させたもののことを言います。
この2つの大きな違いは、加工されているか否かです。
当店では、海苔漁師が生産している海苔商品を販売しています。
乾物が好きな方は、ぜひサイトをご覧ください。

最新記事

  • New

    2022.09.15

    業務用の刻み海苔の使い道とは?

  • New

    2022.09.01

    寿司に適した業務用の海苔とは?

  • New

    2022.08.15

    海苔を使うアレンジ料理4選

  • New

    2022.08.01

    海苔を使った和食料理5選

  • New

    2022.07.15

    乾物と干物の違いとは?

アーカイブ

x