コラム | 兵庫県加古川市尾上町 浜の宮駅【有限会社大濱】

コラム

乾物の種類とその特徴について

2022.07.01


乾物とは、さまざまな食材の水分を抜いて作られた商品です。
乾物を料理に用いること旨味が増し、料理の幅が広がります。
では、乾物にはどのような種類があるのでしょうか。
今回は、乾物の種類とその特徴について解説していきます。

▼乾物の種類

海藻
海藻の乾物には、海苔やひじき・わかめ・昆布などがあります。
海藻類はミネラルやビタミン・食物繊維などが豊富に含まれています。
副菜や汁物などさまざまな料理に使うことができます。

野菜
野菜の乾物として有名なのが切り干し大根ですが、他にも変わった乾物がたくさんあります。
生野菜は傷むのが早いのがデメリットですが、乾物であればそれを気にせず使うことができます。

果物
果物の乾物はドライフルーツとも呼ばれ、プレーンやマンゴー・いちご・パイナップルなどさまざまな種類があります。
果物は値が張るものが多いですが、乾物であれば比較的手頃な価格で購入することができます。

きのこ
きのこの乾物は、きくらげや干し椎茸などが有名です。
きのこは栄養が豊富で、乾物にすることで旨味が凝縮されます。
料理にそのまま使うのはもちろん、出汁を取るときに使うのもおすすめです。

魚介類
魚介類の乾物には、ちりめんじゃこや煮干し・かつお節・干しエビなどがあります。
そのまま食べることもできますが、きのこと同様出汁を取るときに使うのもおすすめです。

▼まとめ
乾物には、海藻・野菜・果物・きのこ・魚介類などさまざまな種類があります。
当店では、海苔漁師がこだわって作った海苔商品を販売しています。
気になる方は、ぜひサイトをご覧ください。

最新記事

  • New

    2022.09.15

    業務用の刻み海苔の使い道とは?

  • New

    2022.09.01

    寿司に適した業務用の海苔とは?

  • New

    2022.08.15

    海苔を使うアレンジ料理4選

  • New

    2022.08.01

    海苔を使った和食料理5選

  • New

    2022.07.15

    乾物と干物の違いとは?

アーカイブ

x