コラム | 兵庫県加古川市尾上町 浜の宮駅【有限会社大濱】

コラム

海苔の賞味期限はどれくらい?過ぎたらどうなるの?

2022.01.15


日常生活でなじみ深い海苔ですが、賞味期限ってどうなっているか気になりますよね。
海藻は賞味期限が長いようにも感じますが、実際はどうなのでしょうか。
そこで今回は、海苔の賞味期限と賞味期限が過ぎたらどうなるかを紹介します。

▼海苔の賞味期限はどれくらい?

未開封の場合
海苔が未開封の場合の賞味期限は、おおよそ「9カ月~1年3カ月」ほどです。
なぜここまで開きがあるのかというと、包装されているものの素材によるからです。
缶入りの海苔が一番賞味期限が長く、時間がたってもおいしく食べられます。

開封済みの場合
開封済みの場合の賞味期限は、おおよそ「1カ月~2カ月」と大幅に期限が短くなります。
一度開封してしまうことで、空気に触れてしまったりするので、その分品質の低下が早くなります。
また保管状態によっては、この期限よりもさらに短くなる場合があるので注意しましょう。

▼賞味期限が過ぎたらどうなるのか
食べ忘れたり放置していて賞味期限が過ぎてしまった場合、湿気てしまいます。
湿気ると海苔がしなしなになり、賞味期限前のパリパリの食感が味わえなくなってしまいます。
ただもし湿気てしまった場合は、炙ったり電子レンジでチンすることで、パリパリ感が復活するんです。
しかし期限切れであることは変わりないので、なるべく早めに食べきるようにしましょう。

▼まとめ
海苔の賞味期限は、未開封で「9カ月~1年3カ月ほど」、開封済みで「1カ月~2カ月ほど」です。
一度開封してしまうと品質の低下が早まるので、開封後はお早めに食べきりましょう。
またパリパリ感がなくなった場合は、炙ったり電子レンジでチンすると良いですよ。
「有限会社大濱」では、ほかでは味わえない最高の海苔を販売しています。
海苔好きの方もそうでない方も、一度味わってみてください。

最新記事

  • New

    2022.09.15

    業務用の刻み海苔の使い道とは?

  • New

    2022.09.01

    寿司に適した業務用の海苔とは?

  • New

    2022.08.15

    海苔を使うアレンジ料理4選

  • New

    2022.08.01

    海苔を使った和食料理5選

  • New

    2022.07.15

    乾物と干物の違いとは?

アーカイブ

x